‘한한령 해제’, 중국관련 소비주 급등, 다음 수혜는 다빈치 코인

中国が限韓令解除の動きを見せ、韓中交流に活気を取り戻している。韓国関連商品が中国全域に公式販売されるのは、2017年の中国内の韓国観光団体商品販売禁止令(限韓令)以来初めてである。中国政府も、韓国行き団体観光商品の販売を皮切りに、両国の友好的な協力関係を公式に認めたものと見られる。

これにより、30日午前、韓国の中国関連株は高騰した。 そして韓中合作プロジェクトである仮想通貨ダビンチコイン(DAC、以下「ダビンチ」)も中国仮想通貨取引所フオビグローバルで上昇率全体4位、韓国取引所Bithumbで取引金額全体1位を占め、大きな注目を集めている。 今年初めから上昇を続けてきたダビンチはこの24時間、100%急騰し、韓令解除の恩恵をたっぷり受けている。

そして、6月30日午後17時(韓国時間18時)に中国の代表的な仮想通貨取引所であるフオビ·グローバルのテザー(USDT)マーケットに追加上場し、上昇ムードが続くものと予想される。 ちなみに、「ダビンチ」はすでにフオビグローバルビットコイン(BTC)マーケットとイーサ(ETH)マーケットに上場されているが、今回新たに上場されるテザーマーケットはビットコインやイーサマーケットより10倍以上大きいとされている。

一方、ダビンチ財団は過去、限韓令によって韓国と中国の経済交流が制限されたあと、これに対する民間レベルの解決策を提示するために韓国と中国の経済、文化、ICT専門家が集まって設立した韓中合作財団で、韓中を超えて東アジア経済の生態系を構築することを目標としている。




ダビンチは人工知能とビッグデータ技術を組み合わせたデジタル資産で、文化コンテンツ、資産、金融、IOTなど様々な領域で活用の可能性が期待される仮想通貨である。ダビンチ財団の関係者によると、「今回の限韓令解除やフオビ·グローバル·テザーマーケットの追加上場などを通じ、ダビンチが東アジアを代表する仮想通貨の大衆化通貨の仲間入りを期待している」と語った。


김가희(キム・カヒ) news1948@naver.com