“DAVINCI IS A NEXT-GENERATION BLOCKCHAIN”

- DAVINCI -

DAVINCI Vision

インタネットの発展によって情報の交換が速くなり、これによってビジネスがグローバル化になり、以前時代にはになかった新しい姿の事業が登場しました。これによって多様な技術的発展が叶えていますが、各種の規制や金融だけは時代変化に合いませんでした。ダビンチはブロックチェーン技術を活用しながら、グローバルビジネスの壁を破り、新たな金融秩序構築のために設立されました。ヨーロッパ人の世界観をヨーロッパ以外まで拡大させたルネサンス、そしてその時期の代表人物であるレオナルド・ダビンチのように、ダビンチ財団は4次産業革命時代を代表する中心になります。

ビジネス領域


ダビンチチェインの活動領域は概ねOnline、Offline、Infrastructureに分けられます。ダビンチチェインの優れた技術力で生活全般に利用することができます。

Online"

わずか10年前までも人々はオンラインビジネスに支払うことに慣れていませんでした。 デジタル化されたサービスやコンテンツは無料で使ってもいいという認識が強かったのです。しかし、DRM技術の発展とスマートフォンの登場によって認識の変化が起こり、現在はオンラインビジネス市場の規模が伝統的なオフライン流通コンテンツ市場規模を追い越すようになりました。

しかし、国別に異なるPayment Systemは、まだ問題として残っています。さらに、オンラインビジネスが複雑になるほど、参加者の数が増え、収益配分の方法も課題になります。ダビンチチェーンはブロックチェーン技術を通じてオンラインビジネスが直面する問題点を解決するのを目的としています。国境と関係なく便利なオンラインPaymentはもちろん、開発への貢献による公正な収益配分まで、ダビンチチェーンを通じてオンラインコンテンツビジネスが一段と跳躍してまいります。

Offline

Cashlessが台頭し、様々なPaymentサービスが登場しました。そのようなサービスは利便性という面で相当な成果をあげましたが、依然としてローカルサービスの限界を克服することができず、Globalizationの面で限界を見せています。また、決済情報の大手独占や個人情報漏洩が懸念されるなど限界があります。ダビンチ財団は、ダビンチコインを通じてグローバル汎用Payment Systemの構築を目標としています。そのため、韓国内外の100社以上の企業と提携し、そのビジョンの実現に近づいています。

Infrastructure

多くの国や企業で効率的な請願処理および産業発展のためにDigitalizationは必要です。特に、インターネットやコンピュータの活用で相対的に遅れている第3世界の国々で、インフラ構築に対する必要性がさらに高まっています。ダビンチ財団は、ダビンチチェーンを通じて社会インフラの拡充が必要な国にブロックチェーン基盤の電子システムを提供することで社会の発展に寄与しています。